専業主婦の審査基準とは

専業主婦が銀行カードローンを利用しようと思ったとき、銀行は何を基準に審査するのか。

カードローンを利用したいとき、出来れば旦那には内緒で利用したいと思う人が多いです。
ですが、カードローンを利用するには総量規制があるため、消費者金融や信販会社からは収入のない主婦は借入が出来ません。
それでも審査のあまい消費者金融や信販会社から借入しようとすると、配偶者の年収を合算することで融資枠を作ることができる配偶者貸付という方法があります。
ですが、それには配偶者の同意書や住民票又は戸籍抄本など公的書類が通常審査とは別に必要になってきます。
そのため、パートなどをして、ある程度本人に収入がある人以外はカードローンの利用ができないのではと思っている人が多いでしょう。
しかし、借入限度額を少額に設定している専業主婦専用のカードローンがあります。

配偶者に安定した収入がある専業主婦専用のカードローンで、限度額は銀行によりますが、10万から50万までなど、店舗によってさまざまな小額の利用枠が設けられています。
それらは、銀行の貸し倒れリスクを低くすることで専業主婦でも借入を可能にしたカードなのです。
審査としては、配偶者に安定した収入がある事が第一条件ですので、収入のある配偶者が審査の対象になるのですが、銀行や保証会社の持つデータベースなどで知り得る範囲内の調査になるので、旦那の職場に直接在籍確認の電話や本人確認の電話がかかることがありません。
旦那に知られることなく、手続きの申込みが出来ます。

銀行によっては専業主婦に特化したカードローンの商品を提供しているところもあります。
主な銀行では専業主婦専用で収入証明書が不要の場合の限度額は50万までなど、かなり少額に設定していますが、調べてみると300万までの借入であれば収入証明書がなくても審査をしてくれる所もあります。
それはイオン銀行です。
イオン銀行では特に借入の手続きも簡単になっており、カードの申込みはパソコンがあればインターネットから簡単にでき、借入や返済もコンビニATMや銀行ATMからでも、そしてスマホからでも出来るというポイントがあります。
窓口に行かなくても手続きが簡単に出来るのです。
また口座を持っている人は、申し込んだ時間帯にもよりますが最短当日に審査の結果を知る事が出来、審査に通るとカードを受け取ることが出来ます。
借入も返済もイオン銀行ATMなら手数料無料で出来ますし、返済額も月々3000円からと低く設定されているので、専業主婦としてはとても利用しやすいです。
その他、多数の銀行で専業主婦専用のカードローンがありますので、自分に合った条件のところを選んでみてください。

このページの先頭へ